室内の大掃除ならハウスクリーニング業者に頼もう【魅力を紹介】

知っておくと良い点

メリットや特徴について

女性

ハウスクリーニングとは、部屋の一部または全体を徹底的にきれいにしてくれるサービスのことです。
よく似たものに家事代行がありますが、家事代行とは掃除だけでなく料理、洗濯、ゴミだし、買い出しといった希望する家事を全般的に代行してくれるサービスのことで、掃除に限らない点に特徴があります。
吹田市には両方あるので注意しましょう。
吹田市でハウスクリーニングを頼むときは、どのような手順で行うのか知っておくとスムーズに進みます。
まずどのあたりをクリーニングしてもらうかにもよりますが、エアコンや換気扇など一部分であることが決まっていたらそのあたりを軽く片付けしておくと良いでしょう。
片付けておくとスムーズに作業が取りかかれますし、業者の心象もよくなり丁寧な作業をしてもらえます。
また、いざという時の保証についてもチェックしておきましょう。
吹田市のハウスクリーニング業者はピンキリで、質の良い業者もあれば悪徳業者といえるような質の悪い業者もいます。
悪徳業者だと、部屋の中のものを破損したり、床や壁を汚したりしてもなんの保証もされずに終わってしまうことも少なくありません。
臭いについてのトラブルも意外に多く、薬品の化学臭が残ってしまうケースもあります。
よい業者であれば、事前に考えられる問題点について説明し、その上で保証制度をもうけています。
吹田市でハウスクリーニング業者に依頼するときは、保証制度の有無をきちんと確認して依頼しましょう。

養生の一手間をしてみよう

空き部屋

吹田市では多くのハウスクリーニング業者が、サービスの提供を行っています。
ハウスクリーニングを依頼するケースとしては、自分で落とすのが難しい頑固な汚れを、どうにかしたいというのが多いようです。
吹田市の住宅でも換気扇やガスコンロなど、頑固な汚れが溜まりやすい箇所のハウスクリーニング依頼が、多い傾向にあります。
吹田市でハウスクリーニングを依頼したら、プロの技を観察してみるのも良いでしょう。
プロの技やコツを観察する事で、普段の掃除に活かせるかもしれません。
吹田市で活動しているハウスクリーニング業者の多くは、クリーニングを行う前に養生を行います。
マスキングテープを張ったり、シートを設置する養生をしてから洗剤や、特殊な機材を用いてクリーニングしていくのです。
なぜ、養生の一手間を行うのかというと、クリーニング部位以外が傷んでしまうリスクを、抑える為と考えられます。
プロが使用する洗剤は市販のものよりも、かなり効果が強力です。
クリーニング箇所以外についてしまうと、その部分が傷んでしまう可能性があります。
また、専用の機材によってもダメージを負ってしまう事も考えられます。
プロは細心の注意を払い、クリーニングを行うのです。
普段、掃除を行う際に強力な洗剤を使う場合、養生を行っておけば他の箇所を傷めずに済むでしょう。
掃除する前の一手間は面倒に感じてしまいますが、養生を行うというプロの技は参考にしたいものです。

料金面を知って業者選びを

レディ

事件や事故、孤独死などで一人暮らしされている方が亡くなられ、発見するまでの日数がかかってしまった場合は、特殊清掃を行う必要があります。
その理由には、血液や体液がまわりに付着しており、腐敗臭や害虫が発生しているからで、簡単には悪臭や汚れなどが落ちないからです。
特殊清掃業者に依頼するのには体液や汚物を取り除き、悪臭や汚れを消すために特殊な器具と薬剤を使って、消毒と除菌、消臭を行ってくれるからでもあります。
特殊清掃を行ってくれる業者は全国にたくさん存在していますが、どこの業者を選んで良いか迷われる方も多いのが確かです。
そこで、誰もが一番気になる費用面についての業者選びのポイントを紹介します。
特殊清掃にかかる費用は、範囲や作業内容によって異なりますが、平均すると10万円前後が相場となっています。
特殊清掃業者には最大でかかる費用の提示はしていないところがほとんどで、基本的な内容による料金設定を取られているのが多いです。
その内訳には、体液や汚物の撤去から清掃作業に約3万円、害虫駆除に約2万円、消臭や除菌剤散布に2万円、そして浴室清掃などに3万円以上かかります。
業者によって費用面に違いがあるのが特徴で、清掃作業を平方メートルで行うところや人件費などで請求する業者もあるため、あくまでも目安として覚えておきましょう。
そして、特殊清掃には割り増し料金が発生することが多くあり、不用品の処分や作業日数が増えることによる人件費、床や壁などのリフォーム代金などがあげられます。
そのため、特殊清掃にかかる最終的な費用は10万円どころか30万円や50万円もかかってしまう場合もあるので、業者に依頼するときには注意が必要です。
いずれも、業者を選ぶ際には必ず見積もりを出してもらい、費用の内訳が明確で、さらに最終的にかかる費用をあらかじめ出してくれる業者を選ぶことが望ましいです。